*

『蝉しぐれ』を読んで

公開日: : 最終更新日:2014/08/10

蝉しぐれ

『蝉しぐれ』(藤沢周平著、文春文庫、1991.07.10)を読みました。

ここ最近翻訳書や思想書など、悪く言えば読みにくい本ばかりを読んでいましたので、この本で改めて小説の読みやすさと面白さを感じることができました。

『蝉しぐれ』は映画化・ドラマ化もされており、非常に有名な本みたいですね。知らなかったです^^;
そして何かと目にすることのある、「秘剣村雨」も実はこの本に元ネタがあったことを始めて知りました(今さら感)

さて、この本の感想ですが、つくづく感じたのは「かっこよさ」と「きれいさ」でした。
主人公の文四郎は剣の扱いに長け、不敗の秘剣「村雨」を加治織部正より伝授されます。村雨を使い、襲いかかる刺客倒すシーンにはしびれました。

そして「きれいさ」。この本は景色の描写もさることながら、話の流れ、人物の心理描写が整然としており、非常に読みやすかったです。
中でも印象的なのは、かつては隣家の少女であった「ふく」が、 殿の寵愛を受け手の届かぬ存在となってしまったこと
に対する、文四郎の心の動きです。「ふく」が城内の派閥争いに巻き込まれると知るも、手を出せない文四郎。ただ、彼女への思いは消えず、千載一遇のチャンスをものにして最後は助けにいく。王道とも言えるきれいな流れ、非常によかったです。

この本はたまたまBOOK・OFFに寄ったとき、ワゴンセールで105円で買ったのですが、他の本を放り出して、読み耽ってしまいました。こういった偶然で良い本と出会えたのは嬉しかったですね。

こんな感じで今回はあっさりと終わりたいと思います。
ご拝読ありがとうございました。

関連記事

『中国の歴史 上』を読んで

こんにちは! 今回は、アマゾンレビューなどでも評価の高い、『中国の歴史 上』(貝塚茂樹著、

記事を読む

【フランス】パリの移民問題

パリに行って来ました。 バルセロナからTGVというフランスの高速列車に乗って来たのですが、駅を出て

記事を読む

人間、最初は誰しも皆「坊ちゃん」

「親譲りの無鉄砲で子どもの時から損ばかりしている」 皆さんはこの冒頭句を知っているでしょうか。

記事を読む

「時間」は有効活用しなくても良い?

いきなりですが、皆さんは「時間」を有効に使っていますか?一日のスケジュールを書き出してみる、TODO

記事を読む

三民主義を読んで2~民族主義~

皆さんこんにちは。 以前2月に投稿したっきり止まっていた、三民主義の第二回「民族主義につい

記事を読む

『三酔人経綸問答』

中江兆民の『三酔人経綸問答 』。以前知り合いにお勧めされたのを思い出して、本屋で衝動買いしてしまいま

記事を読む

読書を軽視するべからず

こんにちは! 最近台風が来たり、雨が降ったりと不安定な天気が続きますね(汗 中々気持ちの悪い天気

記事を読む

『中国の歴史 中』を読んで

こんにちは! 今日は以前読んだ『中国の歴史 上』に続いて、『中国の歴史 中』(貝塚茂樹著、岩波

記事を読む

三民主義を読んで1~三民主義とは何か~

皆さんこんにちは。今回はようやく読み終わった孫文の『三民主義』について書きたいと思います。 ただ、

記事を読む

異文化の中で生きる

こんにちは! 突然ですが、皆さんは外国で生活したことがありますか? 最近は観光、留学、ボランティ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東アジアにとって哲学とはなにか

最近頭にまとわりついて離れない問題。 一度自分の中で解決した問題であ

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「

【中国】日本人の中国認識ー3つの柱ー

こんにちは! 今回は僕が現時点で考えている「日本人の中国認識」について

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに

→もっと見る

PAGE TOP ↑