*

読書を軽視するべからず

公開日: : 最終更新日:2015/02/13

こんにちは!
最近台風が来たり、雨が降ったりと不安定な天気が続きますね(汗
中々気持ちの悪い天気ではありますが、何とか勉強を続けています (;^_^A

さて今回は最近孫文の勉強をしていて、読書の重要性を再認識したので、書いてみたいと思います。

孫文と読書

孫文といえば中国で有名な革命家のうちの一人で、中国の色々な都市で「中山路」という風に道の名前になるほど人々の尊敬を集めています。彼の理論として代表的なのが「三民主義」(詳しくはこちら→三民主義を読んで1~三民主義とは何か三民主義を読んで2~民族主義~)。この「三民主義」を読んでみると分かるのですが、東西を問わず様々な事柄が引用されています。これというのは全て、彼が読書をする中で得たものでありました。

一つエピソードを紹介すると、1896年前後、広州での蜂起に失敗した孫文はロンドンに亡命してここで9ヶ月過ごします。その際、毎日のようにロンドン博物館の図書室に通い、様々な種類の本を読んだみたいです。彼が自伝等で語るように、生涯を通して革命の次に大切なものが読書であり、この9ヶ月間―もちろんそれ以前に様々な本を読んで知識があってのうえですが―は彼の革命にとって非常に重要な「知的充電」期間とりました。

程度の差こそあれ、孫文の功績は誰もが認めるところです。そしてその功績を支えたのが読書でした。いわば読書をすることによって革命の展望が開けたということです。

この点について、以前受験生次代に読んだ『読書と社会科学 』(内田義彦著、岩波新書、1985/1/21)という本を思い出したので以下に紹介してみます。

「概念装置」

この本、どういった経緯で読んだのかは覚えていませんが、当時の自分にとって衝撃的なものでした。簡単に言うと、自然科学においては、例えば顕微鏡などのような対象を観察する「装置」によって、肉眼では見ることの出来ない世界を観察できるように、社会科学においても「概念装置」を通すことによって、一般には見えない社会の問題が見えてくる。そしてその「概念装置」を獲得するのに必要なのが読書、それも速読等ではなく、「古典としての読み」を続けることが不可欠であるとします。つまり、あらゆる分野で古典と呼ばれる書物―『資本論』『社会契約論』など―を目を皿のようにして読み込むことで、社会を見るための目が養われるのです。それが「概念装置」であると本書は指摘します

読書の重要性

孫文は読書を通して、当時の中国が至らないところや西欧の未熟なところを考察し、民族・民権・民生の三大主義を一度の革命によって達成し、一気に世界の先頭に立とうとする「三民主義」を打ち出しました。いわば知識と思考力に裏づけされた「概念装置」を身につけたからこそ生まれ得た革命理論であり、読書が如何に重要かがわかります。

そして孫文に限らず、現代の私たちにとってもとても重要です。噴出する社会問題の解決、人間性の向上、知識の獲得、本を読むことは様々な利点があります。中でも重要なのは古典を読むこと。岩波文庫、中公クラシックス、平凡社などの書物を利用すれば、古今東西の古典に触れることができます。一回では理解できない難しいものも多いですが、毎回読むたびに新たな発見があります。

皆さんも是非読んでみてください!
僕も大学生の間に出来るだけ読んでいきたいと思います!

関連記事

三民主義を読んで2~民族主義~

皆さんこんにちは。 以前2月に投稿したっきり止まっていた、三民主義の第二回「民族主義につい

記事を読む

「時間」は有効活用しなくても良い?

いきなりですが、皆さんは「時間」を有効に使っていますか?一日のスケジュールを書き出してみる、TODO

記事を読む

サルトルの『嘔吐』を読んで

皆さんこんにちは。記念すべき第一回目の投稿です。 今回は、先週読み終えた現代哲学者、ジャン

記事を読む

『三酔人経綸問答』

中江兆民の『三酔人経綸問答 』。以前知り合いにお勧めされたのを思い出して、本屋で衝動買いしてしまいま

記事を読む

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。 中村雄二郎さんの『術語集』です

記事を読む

江戸の料理を作ってみた

お久しぶりです。 しばらく更新しないうちに年が明け、1月も終わってしまいました(汗 しかし、

記事を読む

人間、最初は誰しも皆「坊ちゃん」

「親譲りの無鉄砲で子どもの時から損ばかりしている」 皆さんはこの冒頭句を知っているでしょうか。

記事を読む

夏休みの課題!

お久しぶりです! テスト勉強のため、全然更新できていませんでした(汗 ただもう夏休みになりました

記事を読む

「日本」とは何か

お久しぶりです。 なんだかんだ大学が忙しく、六ヶ月ぶりの更新となってしまいました(汗 書

記事を読む

異文化の中で生きる

こんにちは! 突然ですが、皆さんは外国で生活したことがありますか? 最近は観光、留学、ボランティ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東アジアにとって哲学とはなにか

最近頭にまとわりついて離れない問題。 一度自分の中で解決した問題であ

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「

【中国】日本人の中国認識ー3つの柱ー

こんにちは! 今回は僕が現時点で考えている「日本人の中国認識」について

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに

→もっと見る

PAGE TOP ↑