*

アイデンティティの問題

公開日: : 意見

みなさんお久しぶりです。
久しぶりの更新になりました。

いつも電車中とか歩いている時にふと考えるようなことも、ブログに書いていくことにしました。最初は書評ブログのつもりでしたが、書評を書くのは非常にエネルギーがいるので、それだけではなく自分の思想もこれからは書いていきたいと思います!(思いついたことを書いていくので、時に論理が破綻している可能性もあります)

さて、では今日の話ですが、現在の世の中におけるにおける「アイデンティティ」の問題についてです。

このブログを見てくれている(ありがとうございます!)方々の多くは日本の方だと思います。なのでもしかしたらあまりピンとこないかもしれないのですが、世の中には結構複雑なアイデンティティを持った人たちがいます。多民族国家の代表であるアメリカを始め、多くの場所で「◯◯国の国民ではあるものの、文化的には◯◯国ではない」といった人たちが見られます。

文化が違う国でもちゃんと生活出来るだろ、と言うのは簡単なのですが中々そうはいきません。例えば日本には結構な数の日本と中国のハーフがいます。そういった人たち、結構苦労しているようで、特に小学校や中学校では親が日本人じゃないからということで虐められたりすることもあります。

他にはヨーロッパで多い例になりますが、難民や移民でEUの国に移住してきたものの、移住先の人たちに文化的に受け入れられずある種の差別された状態で生活している人たちもいます。パリの郊外とかブリュッセルの郊外とかが有名ですね。

こういった風に血統や育った文化など、個人の努力ではどうしようもできない要素によって虐げられるというのは非常に辛いものがあります。自分は一体何者なのだろう。そういった悩みを持ってしまいます。一部の人たちは積もりに積もった悩みが爆発し、テロ行為に至ります。最近、パリやブリュッセルで起きたテロもそういった差別を受けてきた人たちが実行犯になったと言われています。

ともかく程度の差はあれ、自分のアイデンティティに悩みを持っている人は少なくないと思います。国境の移動が簡単になっている世界の中で、こういった人たちはドンドン増えていくでしょう。日本でも、もし移民を今まで以上に受け入れるようになれば、無関係とは言えない問題になってきます。

アイデンティティは一人一人違って然るべきです。そういったことを意識して、不当な扱いを受ける人が少なくなっていくと良いですね。

関連記事

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「東京にいる人=日本人」という図

記事を読む

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに対するちょっとした愚痴です。

記事を読む

東アジアにとって哲学とはなにか

最近頭にまとわりついて離れない問題。 一度自分の中で解決した問題であるはずなのに、懲りずにまた考え

記事を読む

【フランス】パリの移民問題

パリに行って来ました。 バルセロナからTGVというフランスの高速列車に乗って来たのですが、駅を出て

記事を読む

大学生の「役割」とは

今日は大学生の「役割」についてです。戦前は大学という場所はごく一部の人たちがいくような場所でした。

記事を読む

【中国】日本人の中国認識ー3つの柱ー

こんにちは! 今回は僕が現時点で考えている「日本人の中国認識」について書いてみたいと思います。 (尚

記事を読む

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。 中村雄二郎さんの『術語集』です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東アジアにとって哲学とはなにか

最近頭にまとわりついて離れない問題。 一度自分の中で解決した問題であ

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「

【中国】日本人の中国認識ー3つの柱ー

こんにちは! 今回は僕が現時点で考えている「日本人の中国認識」について

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに

→もっと見る

PAGE TOP ↑