*

大学生の「役割」とは

公開日: : 意見

今日は大学生の「役割」についてです。戦前は大学という場所はごく一部の人たちがいくような場所でした。

そして戦後、経済が発展していくにつれ大学進学率も高まっていき、現在では50%を超えています。

より高度な教育を受けるものが増えるというのは非常に好ましいことですが、より多くの人が大学に行くようになった以上、その「役割」を再考することは非常に重要です。
大学に入学する際、入学者は学部を選択し「専門」を持つようになります。

文学部や法学部、医学部などの伝統的なものや、最近よくある「グローバル◯◯学部」など、一応それぞれの学部学科で目標とする教養の習得が決められています。

そして入学者は4年間という時間をかけてそれを身につけていく。卒業後は大学で身につけた教養で以って社会に貢献する。それが大学で学んだ者が社会から期待されていることです。したがって、大学生の「役割」というのは、高い専門性に裏付けされて教養を身につけるために努力すること、と言えるでしょう。

社会に貢献するというのは抽象的な概念ですが、何も大学で学んだことを直接仕事に応用して日本国の発展に身を賭していくというわけではありません。社会に数ある問題に対して、自分の専門からそれに対しての意見を持ち、発信あるいは政治参加していき問題の解決に社会が向かっていけるようにする。会社などの「仕事」を通して社会に貢献するのではなく、一人の市民として社会に働きかけることを指すのだと僕は考えています。

さて以上が僕なりに定義したの大学生の「役割」ですが、現在の大学生の現状はどうなのでしょうか。授業は単位が取れる程度に出て、バイトでお金を稼いで飲み会などに時間を費やしていく。高い学費を払うためにバイトに追われる日々を過ごさなくてはならない。大学生自身が、そして国家も大学生の「役割」を見失ってしまっているように思えます。
これは僕の実感によるものなので、必ずしも客観的に正しい話ではありません。が、決して的外れな論でもないかと思います。

皆さんは如何お思いでしょうか?

関連記事

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「東京にいる人=日本人」という図

記事を読む

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。 中村雄二郎さんの『術語集』です

記事を読む

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに対するちょっとした愚痴です。

記事を読む

東アジアにとって哲学とはなにか

最近頭にまとわりついて離れない問題。 一度自分の中で解決した問題であるはずなのに、懲りずにまた考え

記事を読む

アイデンティティの問題

みなさんお久しぶりです。 久しぶりの更新になりました。 いつも電車中とか歩いている時にふと考えるよ

記事を読む

【中国】日本人の中国認識ー3つの柱ー

こんにちは! 今回は僕が現時点で考えている「日本人の中国認識」について書いてみたいと思います。 (尚

記事を読む

【フランス】パリの移民問題

パリに行って来ました。 バルセロナからTGVというフランスの高速列車に乗って来たのですが、駅を出て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東アジアにとって哲学とはなにか

最近頭にまとわりついて離れない問題。 一度自分の中で解決した問題であ

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「

【中国】日本人の中国認識ー3つの柱ー

こんにちは! 今回は僕が現時点で考えている「日本人の中国認識」について

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに

→もっと見る

PAGE TOP ↑