*

再読のすすめ

公開日: : 意見,

今回は短めの投稿を

受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。
中村雄二郎さんの『術語集』です。
大学に入ってからの勉強で少しは頭が良くなったのか、以前読んだ時とは比べものにならない程の内容が頭に入ってきます。(以前読んだ時より四年経過)

同じものを読んでも知識と経験の量によって、得られるものの量が明らかに違ってくる。
情報処理能力がモノを言う今の世の中で、1つの情報から1を得るか5を得るか。
どちらがより重要かは言うまでもなく明らかでしょう。

日々いろんな知識を身につけ、色んな経験をしていくことの重要さに改めて気づけた読書でした。

  

関連記事

『オリエンタリズム 上』を読んで

お久しぶりです。大学が始まって中々更新できていませんね^^; まあ、まったりと更新していきます。

記事を読む

アイデンティティの問題

みなさんお久しぶりです。 久しぶりの更新になりました。 いつも電車中とか歩いている時にふと考えるよ

記事を読む

三民主義を読んで1~三民主義とは何か~

皆さんこんにちは。今回はようやく読み終わった孫文の『三民主義』について書きたいと思います。 ただ、

記事を読む

サルトルの『嘔吐』を読んで

皆さんこんにちは。記念すべき第一回目の投稿です。 今回は、先週読み終えた現代哲学者、ジャン

記事を読む

人間、最初は誰しも皆「坊ちゃん」

「親譲りの無鉄砲で子どもの時から損ばかりしている」 皆さんはこの冒頭句を知っているでしょうか。

記事を読む

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに対するちょっとした愚痴です。

記事を読む

異文化の中で生きる

こんにちは! 突然ですが、皆さんは外国で生活したことがありますか? 最近は観光、留学、ボランティ

記事を読む

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「東京にいる人=日本人」という図

記事を読む

『中国の歴史 上』を読んで

こんにちは! 今回は、アマゾンレビューなどでも評価の高い、『中国の歴史 上』(貝塚茂樹著、

記事を読む

『蝉しぐれ』を読んで

『蝉しぐれ』(藤沢周平著、文春文庫、1991.07.10)を読みました。 ここ最近翻訳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東アジアにとって哲学とはなにか

最近頭にまとわりついて離れない問題。 一度自分の中で解決した問題であ

日本人の「潜在的暴力性」について

〜お断り〜 下記の文章は明確なデータも示していないですし、「

【中国】日本人の中国認識ー3つの柱ー

こんにちは! 今回は僕が現時点で考えている「日本人の中国認識」について

再読のすすめ

今回は短めの投稿を 受験生時代に読んでいた本を再度読んでみました。

「勉強」と「研究」の中間概念が欲しい

こんにちは 今回は今の日本語に「勉強」と「研究」の中間概念がないことに

→もっと見る

PAGE TOP ↑